出店戦略と売上予測コラム⑤:認知性とは?

2015.06.07 投稿

楠本 貴弘マネジャー

我々の定義では認知性とは「短期的あるいは長期的に店舗物件を自然に認知できる状態」

としております。

 

認知性は2つに分類され、1つは視界性で(見えるか・見えないか)、もう一つは周知性です

(知っているか・知らないか)。

 

視界性が確保されていれば、店舗前歩行者・車両での来店機会を得る可能性があり、

周知性が確保されていれば、その時は来店しないかもしれませんが、

何かの機会に来店する可能性はあります。

 

 

視界性には以下の重要な4つのポイントがあると考えます。

 

第一に「起点の問題」どこから見えているか?

第二に「対象の問題」何が見えているか?

第三に「距離の問題」どのくらいの距離から見えているか?

第四に「主体の問題」どんな状態で見えているか?

 

ディー・アイ・コンサルタンツは購買行動の分析・数値化を
通じて、クライアント企業の売上と利益に貢献する事を
使命としたコンサルティング会社です。
詳しくはこちら >
この記事を評価してください[
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
]

ページの先頭へ戻る