ファミリーレストラン業態ですが競合はどこまで対象とすれば良いですか?

2015.05.06 投稿

競合を考えるときは、商品の代替性、価格の代替性、機能の代替性という

3つのポイントで考えるべきです。

このポイントが近くなるほど影響度が増すものといえます。最も顕著のものは自社競合です。

例えば家族でランチを食べるという利用シーンがある場合、機能の代替性という点で

回転寿司業態も競合になる可能性があります。

 

それでも問題が解決しない場合はご相談ください。直接ご回答いたします。

お名前(必須)  例: 出店太郎
会社名  例: 株式会社出店ノウハウ研究所
メールアドレス(必須)  例: knowhow@example.com
ご相談種別(必須)
ご相談内容(必須)

ページの先頭へ戻る